浅草寺

浅草寺
浅草寺

急に思い立って浅草寺を描きに銀座線に乗った。雷門から仲見世通りはすごい人出でゆっくりスケッチもできない。門の端に座って急いでペンを走らす。
人を素早く描くには頭は小さく脚は長く描くのがコツである。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook294Email this to someone
よろしければ、お友達にご紹介ください

2 thoughts on “浅草寺

  • 油絵を習い始めて6年目です。水彩も絵好きな仲間と会館で静物画や花.春や秋に外で5年程、描いていますが私は水彩画が油彩の様に濃い描きかたになります。造形大学で油絵科を出たという人が別にその書き方で良いといわれました。皆と同じににじみや、ぼかしてたまに薄くは書いていますがヤハリ濃く写真の絵になってしまい味気がないのかな。少し描くのを休憩してみようかなとも思ったりしていました。
     先日展示会に出品したら子供たちの批評が沢山書いていただいて名指しできれいだとか,好きな絵だとか、描いていただいていて又少しヤルキが出てきました。

  • コメントありがとうございました。
    お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。

    やはり水彩は塗りすぎてしまう方が多いです。
    塗りすぎてしまう方向けに思うところを書きつらねてみました。
    よろしければご覧ください。
    http://akimoto.fujiharu.jp/?p=421

    水彩画、楽しみながらぜひ続けて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。