近江八幡

琵琶湖の東岸に位置する近江八幡は日本遊歩百選の一つで町中が爽やかで美しい。ヴォーリズの建築があちこちに残っている。中を流れる八幡堀は琵琶湖にそそぐ清らかな川で両側の石畳が昔の面影を今に残し、時代劇の撮影の舞台にもなってい […]

つづきを読む

信州の紅葉

秋の景色といえば紅葉が主役である。温度が急に下がると樹木の紅葉が目立ってくる。それに太陽の光が当たると紅葉の赤が際立って美しさを増す。 スケッチで色を塗る時は、色数を少なくしてたっぷりの絵の具をつけ筆を置くくらいの調子で […]

つづきを読む

オランダの運河

オランダと言えばチューリップと運河がすぐイメージできる。街中いたるところに運河があるのではね橋が上下して船を通す。船上レストランやホテルも多く、船の中で暮らす人も多い。 水のある風景は水彩画には一番良いモチーフで、描いて […]

つづきを読む

ポルトヴェネーレ

ポルトヴェネーレは地中海に面した風光明媚な小さな漁村である。漁村と言っても、家々はスケッチしたくなるような色とりどりのしゃれた建物が並んでいる。  絵を描いていたら、10歳くらいの男の子が、「日本には海があるか」と訊いて […]

つづきを読む

スイスの高原

スイスは何処を描いても絵になる。 とにかく空気がきれいなので、あまり絵の具を混色しないようにする。山は白を多くして紙の白い地を残すように心掛けた。 何処からかあのハイジの声が聞こえてくるような気がする。

つづきを読む